• いのちのめぐる家づくり

    恵那、かやぶきプロジェクト
    A House with a Thatched Roof in Ena

  • 次回作業のお知らせ

    秋ごろまでは、柱、梁、土台を入れ替える大工工事を行います。なかなか体験できない本格的な作業ですので、大工の技を学びたい方はぜひご参加下さい!
    なお、本格的な茅葺き作業の再開は来年になりそうですが、今年中に一度ぐらい体験会を企画したいと思っています。

    今後の予定 (通常は第1、3の土日に作業を予定)
    ・8/17(土)、18(日):墨付け、柱材の刻み作業などの大工作業
    ・9/14(土)、15(日):墨付け、柱材の刻み作業などの大工作業

    お願い
    ご参加の際はヘルメットをお持ち下さい(無い方にはお貸しいたします)。また、屋根に登られる方は安全のため地下足袋をご持参下さい (ホームセンター等で購入できます)。
    なお、初めてお越しの方は事前にご連絡下さい。

  • (レポート) 屋根に目(鼻?)ができました

    4月になり待ちに待った作業を再開することができました。
    作業ができたのは3日間と短かったものの、一歩ずつみんなの力で進んでいます!
    昔もきっとこんな風にみんなで楽しくやってきたんだろうなぁ。

    屋根に目(鼻?)ができました!!

  • 新しい結の形
    / New Form of Collaboration

     

    2017年4月、岐阜県恵那市に佇む一軒の茅葺(かやぶき)民家の修復を始めました。30年以上もシートをかぶったまま時が止まっている屋根。雨が漏れ始めそろそろ限界です。傷んだ柱や桁を取り替え、古い屋根をはがし、新しい茅(かや)で屋根を作っていきます。大工さん、茅葺職人さんから技を学びながら、できる限り自分たちの力で仕上げます。

     

    簡単ではないし、時間も掛かるけど、昔は地域の「結」で守ってきたこの家を今度は私たちが守る番。ほんの少し前までは人々が力を出し合い「結」で葺き替えていた茅葺きの屋根も、 現代ではトタンを被せるしかないというのが現実。そんな中、予算は少ないけれど仲間の力で葺き替えられるかも、そんな希望を繋げられたらと思います。

     

    In April 2017, we began restoring an old house. This house has a thatched roof that had been covered by a huge plastic sheet for more than 30 years. Eventually the rainwater leaks last year spurred us into action. There was no time to waste. We started the renovation by replacing the damaged pillars and beams, peeling off the old roof to make the space for new one. As we restores the house, we are able to learn traditional skills from experienced carpenters and thatchers. However, we're trying to complete as much of the work as possible by ourselves. This is not an easy challenge, takes long time, and needs a lot of manpower. But we'd like to renew this old house as a group of friends. This is the way people in the past worked together as a self-supporting local community. Now it's our turn !!

     

    築150年の茅葺民家
    Built about 150 years ago

    約150年前にできた立派な茅葺のお家。時代は変わり、屋根の葺き替えをできなくなってから30年以上、茅葺屋根をすっぽりシートで包まれ風雪に耐えてきました。ここが私たちの現場。

    It is said that this house has been here for more than 150 years. The leaking roof had been covered by a huge plastic sheet for over 30 years until it was taken off last year in 2018. For this house, the clock has begun to tick again.

  • くらしを大事にする暮らし
    / The Importance of Living

    ⼭々に囲まれ、その合間に真っ⻘な空が⾒える場所。町中で暮らしている私たちにとっては美しすぎる⾃然そのままの光景がここにはあります。人々の暮らしは随分と変わってきたけれど、変わらず残りつづけてきたこの家とこの景色。前の世代から、今を経て、次の世代に繋いでいく。それによって生まれる人の繋がりを大切に。


    Black starry night seen over the mountains. For the people who visit here from where they live in the city, this village seems almost too beautiful . The modern city lifestyle is changing very fast, but here life moves at a slower pace. It reminds us of the importance of the life we have now. We'd like to value what we inherited from the previous generation, and pass it on to the next.

  • なぜ今茅葺?
    / Why Thatching Today?

    茅葺きは一人ではできない、そこが楽しい!
    Make something together is fun!

    (白川郷の合掌民家)

    循環する茅
    昔はどの里山にも「茅場」と呼ばれる茅を育てる草原がありました。ここが茅葺きの出発点です。
    Step1. 茅が枯れる冬、村人が総出で茅を刈り、各家に持ち帰り屋根裏で保管します。

    Step2. 集落内のある家が葺替える際には、村人は各家で保管されていた茅を持って集まります。

    Step3. 古くなった茅を屋根から下ろし、みんなで持ち寄った新しい茅で屋根を葺きます。

    Step4. 役目を終えた古い茅は、肥料として畑などにすきこまれて土に帰ります。

    There used to be the grasslands called kayaba in many places around the countryside. There were places where people raised kaya grasses (or rushes) for thatching. The process of thatching starts from kayaba.
    Step1. Villagers cut and gather grasses from the kayaba in autumn and store it in the roof spaces of their houses.
    Step2. When a house in the village needs to be repaired, villagers bring their stock of kaya grasses to the house and help them with the repair.
    Step3. They take old kaya grasses off the roof and make new roof with new grasses.
    Step4. The old kaya grasses will go back to the nature and fertilize the soil again.

     

     

    茅葺は一人で維持することが難しい

    葺き替えの作業は、屋根の上の人、下で準備する人、屋根裏で作業する人、多くの人の手が必要。だからこそ、人と人、地域と地域の交流の拠点になります。かつて地域の「結」が担ってきた役割を、これからは各地から集まる人々が作る大きな「結」で担いたい。
    ある茅葺職人さんが「茅葺民家に懐かしさを感じるのは、それに携わった多くの人々の想いを感じるから」と仰っていました。無機質でデザインばかりを追及した家が多い今、「人」が作る「大事な人」のための家。そんな家が増えてほしいと思います。

    Restoring an old thatched roof needs a large workforce of thatchers and their assistants who work beneath the roof. In the past, this used to be a burden for the locals but today, it may be a great chance for visitors to experience real traditional culture by helping locals. It can change a burden to a joy.
    A house with thatched roof has a natural warmth and friendliness. It is possible to imagine someone's effort or joy hidden in the history of the house. I would like people to choose a "warm" house that someone made for somebody else, rather than just a fancy design house made in a factory.

  • 茅刈りをしよう!
    / Fun of Cutting Kaya Grasses!

    茅とは、ススキやヨシなどの草を屋根の材料として使うときの総称。かつて、どこの里山にも「茅場」と呼ばれる草原、いわば屋根に使う茅を育てる畑がありました。茅葺きは、屋根を葺くための茅を刈って集めることが出発点。と同時に、茅場は生き物にとっても大事な住処、かやねずみやモズなど多くの生き物が暮らすフィールドです。毎年茅を刈って茅場を維持することで、草原の小さな仲間たちのねぐらを作ります。

    Kaya is a collective term of the grasses like silver grass or long straw when we use them for roofing. There used to cultivated grassland areas called kayaba in many places around the countryside where people raised and cut kaya grasses for thatching. Kayaba are also important habitats for many animals to live in. Maintaining kayaba by raising and mowing kaya grasses every year is to maintain a safe and rich habitat for small animals.

  • 曲がった木を使う
    / Curved Timber

    ちょっとそれひかっといて!と言われて、

    「ひかる?」・・・大工の世界には不思議な言葉がいっぱいあります。

    今でこそ木材は角材で使いますが、角材が使えない昔の人は丸太や曲がった材をどうやって使ったんだろう。その答えはこの現場にあります。

    この家の屋根を支えてきた大きな梁、しかし雨漏りによってその大事な梁が腐っていたため、梁を新しい材で作り変えることになりました。使う木は裏山で切って、乾燥させておいた松の木。この地域で育った木を、本来の木の形をできるだけそのままの形で使います。

    The world of carpenter is rich with unique jargon. For example, while the word "Hikaru" means "shine" in general Japanese, for carpenters alone, it means ”trace a shape”. Creating a curved timber is one of the highest skills, possessed by only the most experienced carpenters.

    Some of the timber that had sustained this old house such a long long time needed to be replaced after 150 years due to serious damage. We cut down a big pine tree in the neighboring forest, shaped it to the size of the beam and replaced the old one with it.

  • Blog

    11/24から25にかけて、茅葺きワークショップを開催いたしました。 参加者数30名以上と多くの方にお越しいただき、本当にありがとうございました。   参加者のみなさまには茅葺屋根の構造から雨を...
    3 novembre, 2018
    この屋根がシートで覆われてから40年、ということは最後に屋根を葺き替えたのはおそらく60~70年前。まだ自然と暮らしが密接につながっていた時代、当時の職人さんたちが葺いた屋根。   今回、屋根を...
    15 octobre, 2018
    6/30(土)、土壁ワークショップを無事終了いたしました。当日は竹で壁の下地(木舞)作りや、土壁塗りをたくさんのみなさんにやっていただくことができました。初心者も、外国人も、子供たちも、みんなど...
    More Posts
  • アクセス / Access

    住所:恵那市山岡町馬場山田130
    Address : Babayamada 130, Yamaoka-cho, Ena City, Gifu


    ・名古屋から車で約1時間半 (瑞浪IC or 恵那IC経由が便利)
    ・明知鉄道山岡駅から車で20分
    車の無い方は乗り合わせて行くこともできますので、ご相談下さい。
    なお、車でお越しの際、ナビで検索すると道幅の狭い山道(下図、チャレンジルート)を案内されることが多くあります。通行は可能ですが、安全ルートでお越しになることをお勧めします。

  • Contact

    All Posts
    ×